SPORTEC2017

先日は、東京・横浜への出張を利用して、東京ビッグサイトで開催されていた「SPORTEC 2017」に行ってきました。

27F3F87B-BEB0-45C0-A80A-CC652DD350F8

日本で開催されるスポーツ健康産業の総合展示イベントとしては、さすが最大級とあってフィットネス・ヘルスケア関連企業が一堂に集い、たくさんの人で賑わっていました。

E0B5D30F-A6C0-4A4F-8AAC-3D860B6C7497

その中でも、特にたくさんの人が集まっていたのはファンクショナルトレーニングの要素を取入れた体験型グループエクササイズイベントなどを行なうフィットネス機器のメーカーブース。

CED3FCED-8CB7-42DC-9477-AB2D53F5C58D

私も実際にトレーニング体験の内容を見たり、楽しみながら各ブース回ってきました。

8BD9112E-290D-4B03-8F4E-8FAA10BF4AF4

 ECC1FE50-5761-49DC-BB25-55B4E26875C9

F3A1AA69-B283-4F36-A52E-9D9B9A52332C

DE5C3B9B-705B-446B-98E4-562415CFC07B

そして、

次に印象に残ったのは、映像を活用し視覚に働きかけながらトレーニングを行なうメーカーが多い事。客観的に変化を数値で実感出来るものや映像で楽しみを交えながら行なう体験型へのニーズは高いのかと、感じました。

59FA31BA-4C9F-4875-89EE-8AFA7B0918D2

BC25471D-7F79-4FA5-8B2E-ADF005935D35

DB4CBA5E-2A39-4412-9098-934209693E24

DFA466AC-9A49-4FF5-9B11-00F5BFB54890

F7598C14-75EC-458B-ACA2-662BA40A1E78

これから数年後、この業界はどのように発展していくのか、楽しみですね。

今回はトレーニング機器をはじめ、栄養、健康、運動に関連するツールやサービスの動向を少し垣間見る事ができましたが、やはり何を提供するかの前になぜそれらを提供するかの部分をしっかり持っておかなければならないことを常日頃から考えている様に、各ブーズを見て回りながら改めて実感した展示会の視察となりました。

5年後10年後のこの業界がどの様に変化していくのかを考えつつ、根拠あるアプローチで皆様のパフォーマンス向上に取り組める様にこれからも沢山学びながら活動をして行きたいと思います。