10月24,25日 根城祐介氏セミナーのお知らせ

10月24,25日GROUND RULE.主催セミナーのお知らせです。

(オンライン・オフライン選択可能)

 

  • プロからアマチュアアスリート
  • 一般の方のトレーニング・コンディショニング

 

プロスポーツのトレーニング指導、講師としても全国で活躍中の根城裕介氏をお招きして、

2DAYSセミナーを開催します。※単日受講も可能

<根城裕介氏プロフィール>

2011年ミネソタ州立大学卒業後、アメリカ・カナダ等で様々なメソッドを学ぶ。2012年からはアメリカアイスホッケーリーグ(USHL)のチーム、Fargo Forceにてアスレチックトレーナー兼ストレングスコーチとして携わりながら、2014年にノースダコタ州立大学院を卒業。卒業後は日本へ戻りプロからアマチュアアスリート、そして一般の方のトレーニング・コンディショニングをみる傍ら、講師として様々な地域にてセミナーを行い活動中。

67647426_2297204767211686_1924565387819614208_n



<テーマ>
【一般からアスリートまでの統合的トレーニングアプローチ&野球へ特化したトレーニングと年間コンディショニング理論】

■ 1日目:10月24日(土)10:00ー17:00

『一般からアスリートまでの統合的トレーニングアプローチ〜最新器具から筋肥大・ストレングス・パワー・カーディオ〜』

■ 2日目:10月25日(日)10:00ー17:00

『野球へ特化したトレーニングと年間コンディショニング理論〜統合的トレーニングアプローチをどう適応するか〜』

内容:
一般の人からアスリートクライアントのトレーニングに欠かせないのがウエイトトレーニング&有酸素運動です。ウエイトトレーニング・有酸素運動を行っていない人が主に行う運動は「歩行」ですが、身体の健康・バランスを保つには、歩行のみならずウエイトトレーニングや有酸素運動が必要不可欠です。なぜなら歩行は基本的に“前進”しか行わないからです。様々なウエイトトレーニングや有酸素運動によって、様々な面で身体を動かし身体のバランスを整える事が可能となります。今回のセミナーでは一般の人からアスリートのクライアントまで使えるウエイトトレーニングと有酸素運動を、システマチックにどのように組み立てアプローチしていくのか、そして野球に特化しどのように評価・プログラミングし、どのようにトレーニングしていくのかを座学・実技を通して行っていきます。

 

2日間の主な講義項目:
1. ウエイトトレーニングの重要性(加齢とともに起こる現象)
2. 有酸素運動の重要性
3. 矢状面・前額面・水平面のエクササイズ理論とプログラミング構築
4. 心肺機能の基礎解剖学(肺活量・ガス交換・心臓のボリューム…etc)
5. 血液&血管の基礎解剖学(血流・赤血球濃度・神経的反応…etc)
6. 野球におけるトレーニング(投球・バッティング・ランニング…etc)
7. シーズンを通したピリオダイゼーション(プロ野球選手Aの例をご紹介)
8. 実技:テスト方法(ストレングス・パワー・心肺機能)


1日目:
• ウェイトトレーニングの位置付け
– パフォーマンスアップ or 調整
– 一般人における筋量維持
– アスリートにおける基礎能力向上
– 神経促通による体力向上
• 有酸素運動の重要性
– 筋肉における影響(一般人&アスリート)
– 必要頻度や強度
• 矢状面・前額面・水平面のエクササイズ理論と脳的影響(視覚・前庭)
– 体幹部・上肢(肩関節・肘関節)・下肢(股関節・膝関節・足関節)における簡単なバイオメカニクスと動作学
◇ そこから紐解くエクササイズプログラミング
◇ 視覚・前庭におけるプラス影響
• 心肺機能の基礎解剖学
– 肺活量と酸素供給量
– ガス交換
– 心臓ボリュームとポンプ機能
• 血液&血管の基礎解剖学
– 血流について
– 赤血球濃度(高地トレーニング・低酸素トレーニング)
– 自律神経系の影響
• 実技
– 心肺能力測定&平均出力

2日目:
• 身体機能評価方法
– ストレングス
– 心肺機能
– 結果に基づくアプローチ方針決定法
• 矢状面・前額面・水平面のエクササイズ理論と脳的影響(視覚・前庭)
– アスリート:インシーズン vs. オフシーズン(ピリオダイゼーションのメリット&デメリット)
• 野球で使える脳活性化ウォームアップ法
– 視覚を使ったウォームアップ
– 前庭を使ったウォームアップ
• 野球におけるトレーニング
– 特徴的動作にどのようにアプローチするか(床半力・体重移動・遠心力…etc)
• プロ選手におけるピリオダイゼーション(シーズンを通したメニュー)
– 選手Aのトレーニングメニューサンプルと年間プラン
• 脳への影響と体の影響
• 実技
– 各エクササイズ
– パワー測定(パワー測定により筋肉出力の質を決め、どのトレーニングプログラムを使用するか方針付ける)

 

リハビリからトレーニングまで、全ての運動指導者を対象に2日間でかなり濃い内容となっております。

全国でも大変人気のセミナーですが、理論はもちろん、現場での実践ノウハウなど参考になることが沢山です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!!


セミナーはコロナウィルス感染予防のため、少人数制での開催となります。

お申し込みはお早目に!

※詳細内容、お申し込みはリンクのXPERTからお願いします。

https://xpert.link/752/