運動でミトコンドリアを増やして疲れにくいカラダに

皆さんこんにちはトレーナー横山です。

緊急事態宣言で外出の自粛期間が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

毎日のように自宅にいるとやる事も限られてきて、ストレスを溜めている方も多いかと思われます。

そんな中、運動不足になられている方も多いのではないでしょうか?

運動を行う影響として様々な効果かが期待できますが、

それと同時に運動を行わない影響としても様々な影響があります。

 

その中の1つに筋肉量の減少があります。

人の体は通常の生活を送っていても運動習慣のない成人の筋肉は1年で1%落ちていくと言われています。

これは体重70Kgの人ならワインボトル1本分となります。

日頃から筋肉に対する負荷が極端に低い生活を送るとその進行はさらに早まり

体内でエネルギー代謝がうまく行えなくなり疲れやすい体となります。

上記のエネルギー代謝に関係するのが「ミトコンドリア」です。

疲れにくい身体に大切なミトコンドリア

ミトコンドリアは筋肉や脳などの細胞に多く含まれ

食事から摂取した栄養と呼吸による酸素を使い体内のエネルギー(ATP)を生み出す物質を作る

エネルギーの生産工場となります

これは加齢により筋肉量とともに減少していきます。

Tired exhausted young man catching breath after hard training

運動習慣のない人が少し小走りをしただけで息切れをするのはミトコンドリアと筋肉量の減少により

体内のエネルギーの生産が追いつかなくなることで起こります。

運動習慣のある人は体内に取り込む酸素の量は同じでも

運動でミトコンドリアが増えることにより効率的にエネルギーを使うことができます。

その結果、疲れにくい体となります。

 

さらにエネルギーが作られにくい体になると、

体内のエネルギーに変換されない栄養分(糖質)が体内で行き場を失い

結果的に体脂肪になり生活習慣病などの原因になってしまいます。

450-20170516191709

お医者さんから健康診断のたびに運動を行ってくださいと

言われる方は理由がお分かりいただけたかと思います。

ミトコンドリアを増やす最適な運動方法

基本的にどの運動を行ってもいいのですが、効率的なトレーニング方法として

有酸素と無酸素運動を組み合わせた短時間のサーキットトレーニングがオススメです。

ミトコンドリアを増やすには筋肉を動かしエネルギーを多く使うことで

体にミトコンドリアを増やすように指令を出させる必要があります。

短時間ででより多くのエネルギーを使えるため筋肉量とミトコンドリアを同時に増やすことができます。

サーキットトレーニングの概要はこちらをご参考にしてください。

いかがだったでしょうか?

最初は無理のない自分のペースで行ってくださいね☺️

他にもサーキットトレーニングの動画をアップしてますので是非ご視聴ください!

チャンネル→「GROUND RULE.」

 

このような時だからこそ健康のためにできることを行っていていきましょう!