スピードをモニタリングしながらウエイトトレーニング

本日はGROUND RULE.で取り入れている

VBT(Velocity Based Training)についてご紹介します。

VBTとは簡単に言うと、ウエイトトレーニングなどにおいて、

トレーニング中の挙上スピードをモニタリングし、回数(レップ数)などを変化させるトレーニングアプローチです。

IMG_3954

 

皆さんが普段、多く行われているトレーニングの方法は、

重さ(質量)を基準に

「何キロ挙げられる?」とか

「1RMの○%で行う?」など

のアプローチではないでしょうか?

 

しかし、実際にスポーツなどにおいてウエイトトレーニングを行う本来の目的を考えると

「何キロの重りを挙げた?」が重要では無く、

「どれぐらいのパワーを発揮出来る様になった?」の方がより大切ではないでしょうか?

shutterstock_219124126

 

 

更にスポーツの競技種目やポジション、または力の発揮シーンなどによって

求められるパワー要素「スピード、パワー、スピード筋力、筋力スピード、爆発的筋力」

なども異なってきます。

スクリーンショット 2019-12-17 5.53.58

 

パワー(N) は 質量(Kg)× 加速度(m/s/s)

 

で表すことが出来、その為には加速度(スピード)が分かる必要があります。

 

近年、科学の進歩が進み、どれぐらいのスピードで挙上すれば、

「スピード、パワー、スピード筋力、筋力スピード、爆発的筋力」

といった目的に合う要素をトレーニング出来るが分かって来ました。

 

そして、同時にトレーニング中の挙上スピードをモニタリング出来る

デバイスも開発され、測定することも可能になって来ました。

 

また、スタイルアップを目的としたトレーニング(いわゆる筋肥大など)においても、

疲れるまで追い込むのでは無く、挙上スピードをベースに行う方がより効果が高いとう

研究結果も出て来ています。

 

 

これは、安全性、効率性といった視点でも、とても大きなメリットとなり、

アスリートのトレーニングだけでは無く一般の方のトレーニングにおいても

同じことが言えます。

 

GROUND RULE.ではPUSH BANDと言うデバイスを活用しながら、

スピードとパワー値を計測しながらVBTトレーニングを行うことが可能です。

IMG_3955 IMG_3961

そして、獲得したパワーを実際の動作に活用出来るトレーニングを機能的に

行うことが出来る施設です。

IMG_3962

効果的にトレーニングへ取り組みたい方は是非、体験含めてお越しください。

 

外部トレーニング指導も随時受け付け中です。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!!

GROUND RULE.矢野 耕二