正しくトレーニングを行う為に【前編】

こんにちはトレーナー横山です。

皆さんに質問です。

20516741-愛犬グッズ火の前でしゃがむ赤ちゃん消防士のプロフィール。-白い背景。

この写真の赤ちゃんのように踵を浮かさずに深くしゃがむ事はできますか?

 

出来る方、出来ない方いると思われますが

「しゃがむ」動作は人の動きを確認する方法の中で

最も基本的でシンプルな方法で,

動作中の各関節の柔軟性を評価するのに適しています。

 

例えば下半身のトレーニングで有名なスクワットは

主に3つの関節が連動して動いています。

・股関節

・膝関節

・足関節(足首)

スクリーンショット 2019-09-14 17.35.35

正しく行えばかなりの効果が期待できますが、間違ったフォームで行なってしまうと

代償動作による腰や膝などの怪我の原因にもなってしまいます。

その為、上記3つの関節の柔軟性を高めて動きをよくすることが大切になってきます。

 

我々もトレーニングを行なっていただく前に先ずは

機能的な問題(柔軟性など)がないか』のチェックを行い

お客様一人一人の目的にあったトレーニングを提供させていただいています。

 

病院でお医者さんの診察を受けずに薬の処方が出来ないのと同じ様に

トレーニングにおいても、先ずは現状と目的とする身体のギャップを正しく評価することが

トレーニングの第一歩となります。

 

その為には、スポーツのパフォーマンスアップにしても、ダイエットにしても

トレーニングに関する正しい知識を持ったトレーナーがいるトレーニングジムで

先ずは、身体のチェックを行ってもらう事が早くゴールに辿り着く一歩となります!!

 

GROUND RULE.では専門知識を持った我々トレーナーが動作のチェックを行なっておりますので、

いつでもお気軽にご連絡ください!

 

また正しい動作を行う為にもう1つ安定性という要因がありますが

それは後編でお話していきたいと思います。

 

 

それでは!