DNS(動的神経安定化)エクササイズコースパート2@大阪

週末は大阪で2日間に渡って開催されたDNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経安定化)エクササイズコース2の講習会に参加してきました。

 

 
DNSとは、
パート1受講時のブログでも紹介させて頂きましたが、
チェコのPavel Kolar博士らによって考案された運動機能や動作不良の修復、改善を目指したリハビリアプローチ(評価、治療療法、運動療法など)です。

 

IMG_2167
 
DNSでは立つ、座る、歩くといった基本的動作パターンを制御している神経系の発達が生後1年以内に多くの部分で確立されていることに着目した発達運動学がベースとなっています。

 

スクリーンショット 2018-07-23 15.16.41
http://www.rehabps.com/REHABILITATION/Posters.html
近年では子供から成人、そしてMLBをはじめ多くのスポーツ選手のリハビリ、パフォーマンス向上における機能改善アプローチとして注目を集めています。

 

 
今回レベル2では、チェコから Michal Truc氏(理学療法士)とアメリカから Michael Rintala氏(DC)が来日され、パート1での理論的背景を深めると共に赤ちゃんの発達段階における各ポジショニングの確認、運動機能改善における発展的・応用的なエクササイズを通して、より正しい姿勢や動作の改善方法などを実践形式で学ぶことができました。

 

IMG_2147 2IMG_2164 IMG_2166IMG_2165

 

レベル2を受講することで、DNSへの理解をさらに深めることが出来、
GROUND RULE.のお客様へより高いレベルで機能改善やパフォーマンス向上に貢献出来る強い味方になったのではないかと思います。

 

GROUND RULE.では、
  • 健康増進のためのトレーニング

はもちろん

  • 慢性的な肩こりや腰痛などの根本的な機能改善
  • いつもスポーツで同じ様なケガを繰り返してしまう
  • 競技パフォーマンスをもっと向上したい

などという方々にも是非トレーニングを受けて頂きたいと考えています。

無料相談、体験トレーニングなども行なっていますので、お気軽にお問いあわせください!(矢野)