トレーニング器具のご紹介【下半身編】

皆さんこんにちはトレーナーの横山です。

今回はGUROUND RULU.で使っている機器のをご紹介します。

『HEX bar』という機器のご紹介です。

IMG_2244

スクワットやデットリフトを行う際に使用します。

一般的なスクワットやデットリフトはバーベルで行うトレーニングですが、

HEX barで行うとより安全にトレーニングを行うことができます!

 

トレーニングを経験されてる方ならご存知と思いますが、

デットリフトは正しい姿勢で行わなければ腰を痛める原因になります。

私たちもお客さんに行っていただく際は最善の注意をはらいます。

 

ではどうしてHEX barだと安全なのか?

通常のバーベル(ストレートバー)で行うよりも

体から重量の重心が体か離れることなく行えるので腰などにかかる負担を 少なくですることができます。

ストレートバーに比べてフォームの習得が難しくなく

正しいフォームで行うことができるので、

初心者の方でも比較的行いやすいトレーニングになります!

 

高重量を扱う際に腰部への負担を最小限に抑えながらトレーニングを行えるので

アスリートの方にもオススメなトレーニング機器の1つです!

 

せっかくなのでデットリフトのバリエーションを少しだけご紹介します。

・ニーベント・デットリフト

スクリーンショット 2019-07-20 15.41.32

上記の写真のように股関節と膝関節がしっかりと曲がった状態で行う一般的なデットリフトです。

 

・スティッフレッグド・デットリフト

スクリーンショット 2019-07-20 15.41.37

膝の関節はあまり曲げず、股関節の屈曲・伸展を行うデットリフトになります。

膝関節を固定しながら股関節を屈曲進展することでより股関節伸筋群に伸張性の負荷が入ります。

ハムストリングスや大臀筋などのエクササイズに使います。

 

・ルーマニアン・デットリフト

スクリーンショット 2019-07-20 15.41.22  

下ろす時に膝の位置を固定したまま股関節と膝関節を曲げ伸ばしを行うデットリフト

一般的なデットリフトによく似ていますが、大きな違いとして、曲げた時に膝の位置が前に出ないことに加え

より股関節の屈曲を深くすことが特徴です。

 

この他にも様々ありますが上記の3つはHEXで行うことができます!

基本的な動作は同じでも関節の角度や位置を変えるだけだけで鍛えられる場所にも違いが出てくるので

やはり人間の体というものは面白いですね!

 

人の体は筋肉や関節などが連動して動いています、

正しく動かせば安全に体を鍛えることができ、逆に間違った動きのまま行うと怪我につながります。

 

トレーニングで怪我をしないように、まずはしっりと動作の基礎を作っていきましょう!